エアコンの選び

賢いエアコン選び

エアコン選びでまず一番気になるのは?と言うところですが、購入価格ではないでしょうか。エアコン本体価格が高ければ、それなりに良いものである事は間違いありません。でも、1度にたくさんの金額を支払う事を考えるとなかなか買換えに勇気が出ない物です。結局壊れるまでは使う!と言う人が多いのもその理由です。確かに、壊れてから買い替えても全然問題ないと思うのですが、では壊れてから買うととくに、少しでも安いものをなんて事になります。エアコンが各部屋に設置している家庭などは、使用頻度の高いエアコンこそ、是非買換えを検討するべきではないでしょうか。偶にしか、動かさないエアコンは、安いもの、使用頻度の高い毎日使うエアコンは是非下記を参考に値段を考えずに選んでみてください。

スポンサードリンク

エアコン選びのポイント!

ここからは、買換えを検討中。電気代が気になっている。エアコンの使用頻度が多い。方へ是非参考にして頂きたいエアコン選びのポイントを紹介します。

部屋のサイズで選ぶ

エアコン選びで一番大切な事は、設置する部屋の広さに適したエアコンの大きさ(サイズ・電気量)を知る事です。お部屋の広さでエアコン大きさを調べる詳しくはコチラをご覧下さい。

省エネエアコン

省エネエアコンは必然的に電気代はお安いため、電気代の事が気になる方にお勧めです。また、環境に優しいエコなエアコンをと考えてる方にも省エネエアコンが良いでしょう。省エネエアコンは省エネラベルのついたエアコンを選びましょう。
※ただ、グリーンラベルの商品は値段が高いため、オレンジラベルのものを購入しがちです。実際、グリーンラベルの101%のエアコンとオレンジラベルの99%のエアコンでは、そんなに大差がないので、本体価格が5万円も差が出るようなら98%前後のオレンジラベルでも問題ないでしょう。ここで問題なのは、オレンジラベルでも省エネ性がとっても低いものがあるので、達成率をよく見て選びましょう。

機能で選ぶ

現在販売されている家電製品は、多機能な商品が多く、実際に何が良いのかわからないようなものもあります。たとえば以下のような機能がありますが、機能が付いているだけで使わないケースもあります。本体価格が安く多機能ならよいですが、必要のない場合は本体価格を見ながら検討しましょう。また、この機能は欲しい!という場合は自分の希望する機能が付いているエアコンを数台ピックアップして、綜合的に選びましょう。

主なエアコンの機能(各種メーカーによりネイミングが違います)

  • 除湿機能 ご使用のエアコンは、ご使用のお部屋に適しているかと言う事も大切です。詳しくはエアコンのサイズをご覧ください。
  • 空気清浄機能 お部屋の空気を洗浄してくれる機能です。
  • 換気機能 室内と外気を入れ替える機能
    ※エアコン暖房機能を頻繁に使用する、タバコを吸うお部屋に設置する場合、換気機能が付いているものがよいでしょう。
  • 除菌機能 お部屋の空気を除菌してくれ宇機能
    ※イオン機能で除菌消臭なんてエアコンがあります。省エネエアコンと言われるエアコンには、現在ほとんどの商品にこの機能は付いています。
  • エアコン洗浄機能 エアコン内部を洗浄してくれる機能。
    ※エアコン洗浄機能は多種多様です。内部洗浄機能が付いていてもフィルターの掃除をしなくてはいけない物やそうでない物。また、1年に1回分解クリーニングをしないといけない物などもあります。お掃除が苦手と言う方は、フィルターの掃除もしなくてもよく分解クリーングが必要ない便利な洗浄機能の付いたものがおススメです。

スポンサードリンク

エアコン選びの豆知識

エアコンを選ぶ際に、設置する場所も考慮しましょう。設置する場所によっては、お部屋の大きさ以上のパワーのいるものが必要になる場合があります。また、20畳以上のお部屋にはエアコンを2台付けるか、業務用エアコンを設置すると良いかもしれません。